日本でも人気爆発!!四川料理”口水鶏(よだれ鶏)”本格レシピ!!

日本でも大人気!!口水鶏ことよだれ鶏!!

口水鶏(Kou shu i ji)。

中国名”口水鶏”。やや聞きなれない料理名かもしれません。しかしこの料理、実は日本でも大人気な”ある料理”なのです。まあ、もう書いてしまっていますが…。

なんという料理かと言いますと、日本で言うところの”よだれ鶏”なのです!!

もはや説明も不要なほどに有名な料理ですが、どんなものかというと…。

茹でた鶏肉に、辣油ベースの真っ赤なタレをかけていただく四川料理になります。

その美味しさは”よだれが出るほど”というのが名前の由来です。

味と香りの決め手はナッツとパクチー!!

実は四川料理ではナッツやパクチーがよく使われます。

パクチーといえば、タイ料理の食材として認識されている場合が多いようですが、中国でも非常に馴染み深い食材で香菜(シャンツァイ)と呼ばれています。

つまるところ唐辛子とパクチーとの相性が良いわけですね。なので、辣油とパクチーとの相性も当然良いわけです。

この”口水鶏”においてもパクチーが香りの決め手になります。

ちなみに、パクチーを苦手にしている人が結構いるようですが…。実は結構馴染みの食材で、みんな大好きカレーのスパイスのひとつコリアンダーと同じものです。

そして、ナッツ。こちらも実は中華でよく使われる食材のひとつです。松の実などはよく中華食材のコーナーに並んでいます。

ナッツ類はそのまま食材としても使われますが、ピーナッツオイルなども中華料理ではよく使われます。

で、”口水鶏”にも最後の仕上げに砕いたピーナッツをかけるのがポイント!

“口水鶏(よだれ鶏)”の本格レシピ!!

Print Recipe
口水鶏(よだれ鶏)
下準備 40 min
調理 5 min
分量
people
材料
下準備 40 min
調理 5 min
分量
people
材料
作り方
下準備
  1. まず鶏胸肉の調理から。鶏肉は塩茹でします。少量の塩をいれ、お湯を沸かしておきます。沸騰したら鶏胸肉を入れ、すぐに蓋をして火を止めます。そのまま30~40分放置して余熱で火を通します。
  2. 香辛料などの香りを移した油を粉唐辛子に注ぎラー油を作ります。作り方の詳細は別記事にて書いてるので割愛します。*リンクは記事下にあります。
  3. 青ネギは小口に、ニンニクはみじん切りにします。ナッツは荒く砕きます。香菜はちぎっておきます。
本調理
  1. タレを作ります。ラー油に砂糖に中華醤油、穀物酢を加えてよく混ぜます。さらに青ネギ、ニンニクを加え、花椒を挽き加えます。
  2. 冷めた鶏肉を切り分けて皿に盛り、タレを回しがける。さらに白ごまと香菜を散らせば完成です。
レシピのメモ

余熱で火を通すことで鶏肉はパサパサにならず、ジューシーに仕上がります。

投稿を作成しました 27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。