“Gravlax(グラブラックス)” ■目次 1.”Gravlax(グラブラックス)”とは? 2.”Gravlax”はどう食べる? 3.”Gravlax”の材料 4.”Gravlax”作り方 概要 5.”Gravlax”実際に作ってみよう! “Gravlax(グラブラックス)”とは? Gravlaxというのはスカンジナビア半島周辺の国々で食べられるサーモン料理の一つです。端的に言えば”サーモンの塩漬け”ということになります。 スカンジナビア諸国といえば、スウェーデン、ノルウェー、デンマークの三国ですが、それらにフィンランド、アイスランド、エストニアなどを加えた、いわゆる北欧諸国で広く食べられています。 ちなみにgravlaxというのはスウェーデン語ですが、僕が初めてこの料理を知ったのは、フィンランド料理としてで、その際の表記はgraavilohiでした。他にもアイスランド語やエストニア語でもそれぞれにこの料理を示す名称があるようで、それだけそれぞれの国に根付いた料理と言えそうです。 ちなみにこのGravlaxというものはそもそもは漁師料理だったようで、塩漬けをした鮭を砂に埋めて発酵させたのが始まりだったのだとか。。 wikipediaによると、スカンジナビア諸語において”grav”が”地面に穴を掘る”で”lax”が”鮭”を意味するようで、Gravlaxとは”地面に埋めた鮭”という Gravlaxはどう食べる? Gravlaxは、サーモンを塩、砂糖、ブラックペッパー、ディルで漬けて、数日熟成させるものです。 “Gravlax”の材料 ・サーモン(刺身用): ・塩: ・砂糖: ・ブラックペッパー ・ディル “Gravlax”を実際に作ってみよう! 刺身用のサーモンを用意します。サーモンは脂の乗った身の厚めなものを選びましょう。 皮を引いて 皮を引いたら、そのままでも構いませんが、厚みを考えて背側と腹側 塩と砂糖をRead More →