【本格ドイツ料理】ドイツのシンプル・イズ・ザ・ベスト!!?洋梨を使った煮込み。”Bohnen, Birnen und Speck”

“Bohnen, Birnen und Speck”ってどんな意味?

“Bohnen, Birnen und Speck”って何?という方も多いでしょう。

“Bohnen, Birnen und Speck”はメクレンブルク=フォアポンメルン(Mecklenburg-Vorpommern)州の郷土料理です。

“Bohnen, Birnen und Speck”

そんなことより何より、まず気になるのは料理名。そもそも何で料理名に”,(カンマ)”が入ってるの??という感じですよね。なんとも不思議な名前の料理ですが、実はこれ以上ないほどシンプルな名称なのです。

もったいぶってもしょうがないので、ネタバレをすると”Bohnen”=”豆”、”Birnen”=”洋梨”、”Speck”=”ベーコン”という意味です。”und”は英語で言うところの”and”で、” , “は3つ以上の要素を並列にする場合、英語と同様ドイツ語も最後の”und”以外がカンマに置き換わるというわけです。

つまり”Bohnen, Birnen und Speck”というのは日本語に訳すと“豆、洋梨そしてベーコン”となります。

こんなにシンプルでストレートな料理名聞いたことありますか?僕はありませんね(笑)

もはや、料理名と言えるのかどうか。けっして生のままの食材がお皿に並べられているわけではありませんよ。

名前からでは具体的な料理のイメージが全くつかないでしょう。早速どんな料理なのか見ていきましょう。

“Bohnen, Birnen und Speck”は具体的にはどんな料理なの??

“Bohnen, Birnen und Speck”とは、豆と洋梨とベーコンとを使った煮込み料理。ここでいうBohnen(豆)は日本で言うところの三度豆を意味します。

洋梨を料理に使うというのは日本人からすると想像しにくいですが、洋梨の酸味とベーコンの旨みが見事にマッチする秋の味覚です。

使われる洋梨は日本でデザートとして食べられるような甘くてジューシーなものではなく、料理用の甘くない梨であるのが普通です。日本であれば、少し未熟な洋梨を使うと良いです。

ちなみに、なぜか料理名には入れてもらえていませんが、じゃがいももこの料理の食材としてよく使われます。じゃがいもは付け合わせ的な扱いになってるのかな。あるいは入っていて当たり前というくらいの感覚だろうか。

味付けもシンプルで、基本は洋梨の酸味とベーコンの塩気のみ。足りない分を塩、白胡椒で調味し、セイボリーで香りづけします。

実際に食べてみるまで味の想像がつかないでしょうが、シンプルさからは思いもよらない旨味にびっくりするはずです!!

“Bohnen, Birnen und Speck”本格レシピ

投稿を作成しました 41

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Recipe Rating




関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。