【本格ドイツ料理】春の訪れを祝う。”ホワイトアスパラガスのクリームスープ(Spargelsuppe)”。。

[:ja]

“Spargelsuppe”!!

ドイツの春の定番!”Spargel”!!

ホワイトアスパラガスのスープ(Spargelsuppe)

“Spargel”というのはドイツ語でアスパラガスを意味します。なので厳密にホワイトアスパラガスを言い表す場合は白を意味する(weiβ)が添えられます。

欧州ではホワイトアスパラガスは春の欠かすことのできない食材です。ドイツでは4月頃になると市場にも山盛りのホワイトアスパラガスが並び、春の訪れを感じさせるいわば春の風物詩とも言える食材です。

ちなみにドイツの人々は旬のシーズンには家庭でもレストランでも何度もホワイトアスパラガスを食べるそうで、さらに一回の食事で数百グラムもの量を消費するのだそうです。

ホワイトアスパラガス(Spargel)は、まさしくドイツの春の定番なのです。

 

ドイツ人の愛する”ホワイトアスパラガス(Spagel)”

ホワイトアスパラガスはフランスやベルギーなど欧州各国で食されますが、ドイツ人のホワイトアスパラガスに対する愛情はとりわけ凄まじく、老若男女問わずに愛されている食材といっても過言ではありません。

ドイツでは4月中旬のイースター明けから6月24日(聖ヨハネの日)までの期間にホワイトアスパラガスが売り出されます。ちなみにその年の”シュパーゲル女王”を選ぶコンテストや皮の早剥き競争なども行われ、まさに国を挙げてのお祭り騒ぎです。

これほどまでドイツ国民に愛されるホワイトアスパラガス。ドイツではシンプルにソテーにしてオランデーズソースやバターソースをかけて食べたり、スープにして食べるのが定番です。

今回はホワイトアスパラガスのスープ”Spargelsuppe”の作り方を紹介します。

*suppeというのはドイツ語でスープを意味する単語です。

“ホワイトアスパラガスのクリームスープ(Spagelsuppe)”の材料

 ・ホワイトアスパラガス(瓶詰めも可)
 ・ブイヨン
 ・生クリーム
 ・白ワイン
 ・小麦粉

生のホワイトアスパラガスが手に入ればそれに越したことはありませんが、日本ではなかなか手に入りません。最近はスーパーなどでも瓶詰めの水煮が手に入るようになっているのでそちらで代用しても良いです。

“ホワイトアスパラガスのクリームスープ(Spagelsuppe)”本格レシピ。

・ホワイトアスパラガスの頭の部分とそれより下の部分とを切り分けます。

ホワイトアスパラガスの下処理。頭の部分は浮き実用に取り置く。

まずは下準備です。

頭の部分の数本分は浮き実用に取り置いておきます。

その他の部分は後々ミキサーにかけるので、ざく切りにしましょう。

瓶詰めの水煮のものを使う場合は、すでに大分柔らかく煮てあるのでつぶさないように気をつけましょう。特に先端の頭の部分は崩れやすいので要注意です。

生のホワイトアスパラの場合も、一般的な緑のアスパラガスよりも幾分柔らか目の食感を持っていますので、茹でる際には加減に注意がいります。

 

 

・ホワイトアスパラガスをブイヨンで柔らかくなるまで煮込み、ミキサーにかける。

ホワイトアスパラガスをブイヨンで煮込む

鍋にブイヨンを入れてホワイトアスパラガスを柔らかくなるまで煮込みます。ブイヨンは『マギーブイヨン』など市販の固形のもので大丈夫です。

浮き実用の頭の部分は、このみの硬さまで火が通ったら、べちゃべちゃになる前に取り出しておきましょう。

ブイヨンは煮詰めて、ミキサーにかけられるギリギリまで水気を飛ばします。水分が多すぎると出来上がりが非常に水っぽくなり美味しくできません。

十分に煮詰めたら、火を止めて冷まします。粗熱が取れたら、ミキサーにかけてピュレ状にしましょう。

 

・小麦粉をバターで炒めて、生クリームと白ワインを加えて伸ばしベースを作る。

クリームスープのベースを作る

鍋にバターを溶かし、小麦粉を炒めてルーを作ります。ホワイトソースを作るときの要領ですね。

生クリームは主に脂質ですので、比較的ルーとの親和性が良いです。木べらでしっかりと混ぜていけば、ほどなくしてダマになることもなく滑らかなペーストになるはずです。

ダマになる可能性は低いですが、生クリームは必ず少しずつ加えましょう。丁寧に作業をした方が失敗は少ないはずです。

その後、白ワインを加えて濃度を調整し、滑らかなベースに仕上げます。

 

・ホワイトアスパラガスのピュレをベースに加えて滑らかになるまで満遍なく混ぜ合わせる。

ホワイトアスパラガスのピュレを加える

前の手順で作ったクリームベースに、ホワイトアスパラガスのピュレを少しずつ加えながら木べらで馴染ませていきます。

この間、火にはかけずにおきます。

失敗を避けるために、ここでも面倒かもしれませんがピュレは“少しずつ”加えていきましょう。

しっかりと全体に満遍なく滑らかに仕上げましょう。

 

 

・最後に浮き実用のホワイトアスパラガスの頭の部分を加えて温め直し、塩少々で調味する。

しっかりと馴染ませた後、再び温める

鍋は弱火にかけてゆっくりと煮たたせないようにして温めます。

浮き実用のホワイトアスパラガスの頭の部分が温まれば出来上がりです。

このままでも十分かとも思いますが、味が足りない場合は塩少々加えて調味します。

器に注ぎ、浮き実用のホワイトアスパラガスを浮かべます。好みで生クリームを少量たらしても良いです。

 

 

 

 

さて、美しい白色のスープに仕上がりましたね。

ホワイトアスパラガスのスープ”Spargelsuppe”の完成です。

Guten Appetit!

ドイツの春の味をご賞味ください。

 

 

ドイツ料理本格レシピ集

スープのレシピをお探しならこちらのブログもよろしくどうぞ。

http://soup.gyuujaku.com

 [:]

投稿を作成しました 32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る