【本格フィンランド料理】ディルの香るクリームベースのおふくろの味。フィンランドのサーモンスープ”ロヒケイット(Lohikeitto)”!!

“ロヒケイット(Lohikeitto)”!!

“ロヒケイット(Lohikeitto)”とは?

フィンランドのサーモンスープ”ロヒケイット(Lohikeitto)”

Lohikeitto(ロヒケイット)というのは、フィンランドのサーモンのスープです。フィンランドでお魚といえば、サーモン。フィンランドではサーモンは塩漬け、燻製、発酵、etc…の保存食から、ステーキやスープなどその調理法は幅広く、生活に密接した食材です。

“ロヒケイット(Lohikeitto)”は、家庭でもレストランでも提供される最もメジャーな料理の一つです。もはや国民食と言っても過言ではないかもしれません。

北欧で定番のハーブ”ディル”の香りが散らされたクリーミーな優しいお味のスープです。大ぶりの食材がゴロゴロと入っているのも魅力の一つでしょうか。

材料は日本で手に入るものばかりですし、調理自体も決して難しくはなので、是非一度お試しを。。

“ロヒケイット(Lohikeitto)”の材料。

・サーモン
・玉ねぎ
・じゃがいも
・白ねぎ(できれば下仁田ねぎ)
・(人参)
・バター
・生クリーム(牛乳)
・ディル

・(サーモンのアラ出汁)

人参は入れないレシピも多いのでなくても良いですが、入れたほうが彩りも旨味も増すのは言うまでもない。

サーモンのアラが手に入るようなら、アラを炊いて出汁を取ると良いです。

“ロヒケイット(Lohikeitto)”の本格レシピ

サーモンは一口大に切って、塩とディルをまぶしておきます。鍋にバターを敷いて、サーモンの表面に焼き色がつくまで炒めたら、取り出しておきましょう。

玉ねぎ、じゃがいも、人参は一口大に切り、白ねぎはざく切りにします。サーモンを炒めた鍋で(バターが足りなければ足しましょう)、まずは玉ねぎを甘みが出るまでじっくりと炒めます。

その後、白ねぎを加えて軽く炒めてから、じゃがいもと人参を加えましょう。

じゃがいもの表面が透明になれば、水(あればサーモンのアラ出汁)をひたひたになるまで注ぎ、中火でコトコトと煮込みます。

じゃがいもが煮崩れないように加減をみつつ、柔らかくなるまで煮込みます。仕上がりを水っぽくさせないように、水分が2/3~1/2量程度になるまで煮込みます。

十分に煮詰められたら生クリームをたっぷりと注ぎ、弱火~中火で沸騰させないようにして温めます。好みで牛乳を加えても良いでしょう。

全体に温まれば、先に取り出しておいたサーモンとたっぷりのディルを加えます。最後に塩胡椒で調味すればでき上がり。

フィンランドで親しまれるサーモンのスープ”ロヒケイット(Lohikeitto)”、是非一度ご賞味ください。


投稿を作成しました 32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る