“Khao Phat khimao kai sap(Drunken Fried Rice with Chicken)”。調理してるだけでむせる辛さ!!?超激辛タイ風炒飯!!

“Khao Phat khi mao kai sap(Drunken Fried Rice with Chicken)”!!

人気ブログランキング参加しています。


人気ブログランキング

押してくれると嬉しい。。

“Khao Phat khi mao kai sap”はどういう料理?

“Khao Phat khi mao kai sap”という料理は、たっぷりの唐辛子&ニンニクペーストを入れて、ナンプラーやオイスターソースなどで味付けした鶏ひき肉のタイ風炒飯のことです。日本人の僕からすると火を吐くほど辛いです。

炒飯と言っても玉子は入りません。

ちなみに”Khao Phat”は”Khao=ご飯”、”Phat=炒める”で”炒めご飯”という意味。さらに”kai=鶏肉”で”sap=ひき肉”となります。

そして”khimao”というのは英語で言うと”Drunken”つまり”酔っ払った”という意味ですので、直訳すると”鶏ひき肉の酔っ払い炒飯”とでも訳せるかな。

何故そんな名称なのかというと、由来は諸説あるらしく…。

一説には、この料理の下準備にお酒が利用されたとかなんとか。ただタイのレシピで実際にアルコールを入れるレシピはないのだそう。他の説としては料理の考案者が酔っ払いだったとか、酒のつまみに作っただとか、まあ色々。。

正直個人的には辛さで”酔いが覚める”とかがしっくりくる(日本人的な辛さのバロメータからするとそれほどに辛い)のだけれど、タイの人からすれば大して辛くもないのかもしれないな。

ちなみに米の代わりにライスヌードルを使ったものもあります。

“Khao Phat khimao kai sap”の材料

 ・鶏胸肉
 ・ジャスミン米(普通の米でも良い)
 ・サラダ油
 ・ニンニク
 ・プリッキーヌ(普通の唐辛子でも良い)
 ・ホーリーバジル(普通のバジルでも良い)
 ・シーズニングソース
 ・オイスターソース
 ・ナンプラー
 ・砂糖
 ・塩胡椒

プリッキーヌというのはタイの唐辛子で、日本の唐辛子の数倍辛い劇物です(笑)

それからシーズニングソースというのはこちら

“Khao Phat khimao kai sap”の下準備

激辛唐辛子&ニンニクペースト作り。

これがこの料理の肝になります。本気で辛いので分量は要注意。。

ペースト自体はそれなりに保存がきくので、多めに作って適当な分だけ使うのがオススメ。

やることは単純で、プリッキーヌとニンニクとサラダ油をすり鉢に入れてすりこぎでペースト状にすり潰すだけです。

今回僕が使ったのは、プリッキーヌ3本にニンニク5欠片です。これを全部使い切るわけではありませんが、割合的にはこんなもの。

ひたすらにすりつぶしていくと下の写真のような感じのペーストになっていきます。

ちなみに辛さの基準にはスコヴィルという単位が使われるそうですが、このプリッキーヌは5~10万スコヴィル。対して日本でも出回っている唐辛子”鷹の爪”は4~5万スコヴィルなのだそうで。

したがって同等の辛さを出すために鷹の爪で代用するなら、数値上は倍量の鷹の爪が必要になります。

“Khao Phat khimao kai sap”本格レシピ

鶏胸肉は軽く塩を振って、包丁で賽の目状に細く切っておきます。

中華鍋を火にかけ、煙が出るほどに熱します。十分に中華鍋を熱したら、油をたっぷりめ(大さじ1くらい)に加えて中華鍋に油をなじませます。

そして、ここで先ほどのペーストの出番です!!

生の状態ではさほど破壊力はありませんが、火にかけるとかなり危険なので注意してください。

油にペーストを加えた瞬間にまず目に強烈な刺激がきますのでご用心!!

そしてその次の瞬間に、熱気とともに猛烈な辛み成分の波動が…!!

僕は本気で蒸せました。本当要注意です。。

好みの量のペーストを焦がさないように丁寧に炒めて香り出しします。

ペーストの香りが十分にたったなら、賽の目状に切った鶏肉を鍋に加えて炒めていきます。

鶏肉に火が通ってきたら、ナンプラー、オイスターソース、シーズニングソース、砂糖を加えて少量の水とともに軽く煮るようにして味を満遍なく全体になじませます。

適度に水気を飛ばしたら(水気が多いと仕上がりがベタベタになってしまい、逆に水気が少ないと味が全体に回らない)ジャスミン米を加えて混ぜ炒めます。

満遍なく全体に混ぜ合わさったら、お次にバジルをちぎって加えます。

それから最後にざっくり輪切りにした唐辛子をたっぷり。

…と言いたいところなのだけれど、正直そんなもの食べられるわけがないので今回は赤万願寺とうがらしで代用。

タイではこの段階で生唐辛子を加えて、更に辛みを追加します。結果本当に泣くほどの辛さになります(笑)

ざっくりと炒め合わせれば完成!!あまり加熱しすぎるとバジルがシオシオになるので適当なくらいにね。。

さあ、召し上がれ!!

辛さ耐性に自信がある人は是非とも挑戦を!!

ただめちゃめちゃ美味しいのも事実。クセになる旨さです。。

タイ料理本格レシピ集


人気ブログランキング

人気ブログランキング参加しています。
押してくれると嬉しい。。

1件のコメント

  1. Do you have any kind of suggestions for writing short articles?

    That’s where I always battle and I simply wind up staring vacant screen for
    long time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です