むせ返る辛さ!”呑んだくれの炒め飯”!!超激辛タイ風炒飯”Khao Phat khi mao kai!!

“呑んだくれの炒め飯”!!?

“Khao Phat khi mao kai”という料理は、”呑んだくれの炒め飯”と呼ばれるタイの激辛炒め飯です。たっぷりの唐辛子&ニンニクペーストを入れて、ナンプラーやオイスターソースなどで味付けします。

唐辛子のペーストが本当に強烈で、日本人の僕からすると火を吐くほど辛いです。ちなみに炒飯と言っても玉子は入りません。

“Khao Phat khi mao kai sap”

ちなみに”Khao Phat”は”Khao=ご飯”、”Phat=炒める”で”炒めご飯”という意味。さらに”kai”は”鶏肉”を意味して、ひき肉を使う場合は”sap=ひき肉”なので”kai sap”となります。

そして”khi mao”というのは英語で言うと”Drunken”。つまり”酔っ払った”、あるいは”大酒飲み/呑んだくれ”という意味ですので、直訳すると”呑んだくれの鶏肉炒め飯”とでも訳せるかな。

“Khao Phat khi mao kai(Drunken Fried Rice with Chicken )”!!?

何故そんな名称なのかというと、由来は諸説あるらしく…。

一説には、この料理の下準備にお酒が利用されたとかなんとか。ただタイのレシピで実際にアルコールを入れるレシピはないのだそうで…。他の説としては料理の考案者が酔っ払いだったとか、酒のつまみに作っただとか、まあ色々。。

個人的には辛さで”酔いが覚める”とかがしっくりくる(日本人的な辛さのバロメータからするとそれほどに辛い)のだけれど、タイの人からすれば大して辛くもないのかもしれないなぁ。

ちなみに米の代わりにライスヌードルを使ったものもあります。

では、”Khao Phat khimao kai(Drunken Fried Rice with Chicken)”の本格レシピを紹介します。

*今回使ったタイ食材についてはレシピの後に載せておきます。

“Khao Phat khimao kai sap”の本格レシピ!!

投稿を作成しました 41

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。