本格”Tom yum goong(ต้มยำกุ้ง)トムヤムクン”!!世界三大スープの一角!!本格レシピ!!

本格”Tom yum goong(ต้มยำกุ้ง)トムヤムクン”!!世界三大スープの一角!!本格レシピ!!

” Tom yum goong(ต้มข่ากุ้ง) “って何?

Tom yum goong(ต้มยำกุ้ง)トムヤムクンといえば、日本でも一番有名と言っても過言ではないタイ料理の定番スープです。タイ特有の食材を使った独特の香りと辛味、酸味が特徴的ななかなか刺激的なスープですね。

ちなみに”トム”は煮る、”ヤム”は混ぜる、”クン”は海老を意味するタイ語で、”トムヤムクン”というのは”海老のトムヤムスープ”という意味です。また、メインの食材を海老の代わりに鶏肉や魚にすることで、それぞれ”トムヤムガイ”、”トムヤムプラー”とバリエーションも豊富です。

ちなみに、トムヤムクンに限らずですが、タイでは汁物がトムヤム鍋という独特な食器に盛られてきます。日本の、旅館とかで出てくるコンロ付きイロリ鍋みたいな感じで食事中も熱々の状態を保ってくれます。

この写真はトムヤムクンではなく、グリーンカレーですが。

トムヤムクンって”タイのお味噌汁”みたいなもの?

トムヤムクンは日本でも非常に認知度が高く、”タイ料理といえばトムヤンクン”と思っている人も多いでしょう。そのせいか、どうやらタイ人にとってのトムヤムクンは、日本人にとってのお味噌汁のようなものだと思っている人が結構いるようです。

実際、僕のタイ出張の常宿でも滞在期間中の食事で1度は必ず出てくる料理です。さらに現地ではインスタントの”トムヤムクンの素”や”トムヤムヌードル”などが売られていたりして、タイの一般家庭でも非常に親しまれている料理であることは確かです。

ちなみにこれは、現地のスーパーで購入したインスタントの汁なしトムヤムヌードル↑

しかしタイの人々にとって、トムヤムクンは別に日本で言うところの味噌汁のように毎日食べるようなものではないそうです。なぜならタイにはトムヤムクン以外にも非常にいろいろなスープがあるのです!!

以前紹介した“トムカークン(海老のココナッツミルクスープ)”などもその一つです。

“Tom ka goong(ต้มข่ากุ้ง)トムカークン”!海老とガランガルのココナッツミルクスープ!!

まあ、最近は日本人でも毎日お味噌汁を食べている人のほうがすくないですから、同じようなものかもしれませんが…。

ちなみに、タイの人たちってあまり自分の家で料理をしないらしいんですよね。屋台ですましちゃう人が多いそうで。

バンコクあたりの若者向けのマンションなら冷蔵庫もキッチンもないということもザラなんだとか。。

世界三大スープと”トムヤムクン”

実は”トムヤムクン”というのは、世界三大スープの一角なのです!

ただ、この”世界三大スープ”というフレーズは、販売戦略の一つのだったという説もあるのだとか。

このように、諸説あるそうで、そもそも誰が決めたんだよっという感じですが、今ではそれなりに浸透しているのだから良しとしましょう。

ちなみに、こう言った”世界三大〜”というのは日本固有のものですので、ご注意を。世界では通用しません笑

ともかく、それだけ日本人の間に浸透しているスープだということですね。

残りの二つはフランスのブイヤベースと中国のフカヒレスープだそうで。ロシアのボルシチ(厳密にはウクライナの料理)も可換なのだとか。

個人的にはコーンポタージュを推したいところですけどね。

そういえば、世界3大スープの名を冠している割には、どのスープも本格的かつ伝統的なレシピってあまり出回ってませんよね。やはり、独特の食材を使っているのがネックなのでしょうか。

本格”トムヤムクン”にはタイ食材が必須。。

トムヤムクンといえば上記の通り、独特の香り、辛味、酸味を持つスープですが、これらはタイ特有の食材を使用することで生み出されるものです。

この独特の味を日本の食材で再現することはなかなかに難しい…というか、正直不可能だと思います。

トムヤムクンでは、それらタイ食材の代表格がほぼオールスターで使われます。

タイ独特の食材についてはこちら

独特の香りが癖になる!!替えのきかないタイの食材達!!

ちなみに僕は、タイ食材の購入には楽天からKrua Thai Kitchenを利用させてもらっています。

“トムヤムクン”の本格レシピ

Ingredients
  

  • 400 海老
  • 400 ml 鶏がらスープ
  • 2 レモングラス(12cm)
  • 5 cm ガランガル カー
  • 2~3 ホムデン 手に入らなければエシャロットで代用
  • 2 大さじ フィッシュソース (ナンプラー)
  • 1 パック フクロダケ 或いは ヒラタケ
  • 2~3 プリッキーヌ *唐辛子
  • 3 1/2 大さじ ライムジュース 或いは レモン汁
  • 1~2 コブミカンの葉
  • 4 ミニトマト
  • 適量 パクチー

Instructions
 

下処理

  • まずは海老を下処理します。頭と尾だけ残して殻を外す。背ワタをとり、軽く水洗いしたら冷蔵庫に戻しておく。
    *殻は出汁を取るので捨てずに取っておきます。
  • 鶏がらスープ(少し薄め)を鍋に煮立てたところに先ほどの海老の殻を入れ、煮込んで海老出汁をとる。
  • 15分程煮込んだら、濾し器を使って殻を濾し、出汁(スープ)を抽出する。
  • プリッキーヌはスプーンの腹で潰し、ガランガルは皮をむいて薄切りにする。さらにレモングラスは綿棒などで叩いてから2cmほどのぶつ切りにし、ホムデンは1/4球状に切る。
  • パクチーは葉の部分と茎の部分を切り分ける。

本調理

  • 鍋に先ほど取ったスープを注ぎ、プリッキーヌ、ガランガル、レモングラス、ホムデンを入れて火にかける。
  • ふつふつと煮立ってきたらパクチーの茎の部分のみを加える。この段階でナンプラーも入れる。
    *葉の部分は、煮込むとしおしおになったり変色したりするので最後までとっておきます。
  • 好みのサイズに切ったきのこを加えて、さらに煮る。
    *長時間煮込むときのこが萎んでしまうので、ここからは5~10分ほどで仕上げるように意識する。
  • きのこに火が通ってきたら、先ほど冷蔵庫に入れておいた海老を加え、さらにライムジュース(あるいはレモン汁)を注ぐ。
  • さっと煮て海老に火が通れば、完成直前にミニトマトを加える。このタイミングで、味を確かめ、味が足りないようであれば塩やナンプラーなどで調味する。
  • 最後にパクチーの葉の部分を加えれば出来上がり。

Notes

実は最後に加えるミニトマトがトムヤンクンの味を決める重要な要素の一つ。これを入れるか入れないかで味わいが全く変わります。トムヤムクンの独特な酸味は、レモングラスやガランガルといったタイ特有の食材だけでなく、トマトの酸味も一役買っているのです。
投稿を作成しました 41

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Recipe Rating




関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。