台湾の薬膳スープ。”月子餐” の代表的料理”麻油鶏(マーヨージー)”!!

“麻油鶏(マーヨージー)”!!

台湾の薬膳スープ”麻油鶏(マーヨージー)”!!

台湾の薬膳スープ”麻油鶏(マーヨージー)”

“麻油鶏”とは台湾の薬膳スープの一種で、”麻油(マーヨー)”というのは”ごま油”のこと、”鶏(ジー)”はそのまま”鶏肉”のことです。つまり、ごま油と鶏肉のスープというわけなのですが、実はこのスープにはもう一つ隠れた主役がいて、それが”生姜”なのです。

詳細は省くとして、ごま油は薬膳において“凉性/甘味/帰大腸経”となり“血流促進・整腸作用”があります。一方で鶏肉は“温性/甘味/帰脾・胃経”消化器系を温めるとともに滋養強壮効果を持ちます。生姜は“微温性/辛味/帰肺・脾経”となり、鶏肉同様消化器系を温める効果を持ち、加えて肺を温めたり風邪を治す効果を持ちます。

「冷えは万病の元」とも言いますし、体を温めてくれる”麻油鶏”は寒い時や体の弱った際には最適のスープなのです。台湾では産後の女性が飲むスープとしても有名です。

台湾と薬膳。”月子餐 “。。

台湾では「医食同源」の考えが深く浸透しており、普段の食事にも漢方食材が取り入れられています。

台湾米酒(台湾のお米の焼酎)

ちなみに漢方薬のことは”中薬(ヂョンヤオ)”と呼びます。この”中薬”と食材を中医学理論に基づいて組み合わせたのが薬膳となります。

例えば産婦が出産後約一ヶ月養生する”坐月子”と呼ばれる慣習があります。この”坐月子”には様々な決まりごとがあるのですが、中でも食事は重要視され、”月子餐 “と呼ばれる熱温性の食材を使った薬膳が食べられます。”麻油鶏”は”月子餐 “の代表的な料理の一つなのです。

また、普通の水を飲むのもよろしくないと考えられており、この”坐月子”の期間中は米酒(ミーチュウ)のアルコールを飛ばしたもののみを飲む産婦さんもいるのだとか…。

“麻油鶏(マーヨージー)”の材料

 ・鶏肉(できれば骨つき)

 ・生姜

 ・ごま油

 ・米酒(ミーチュウ)

 ・クコの実

米酒(ミーチュウ)というのは中国の米を原料とした蒸留酒です。純米酒の誤記ではありません。手に入らない場合は、リカーで代用しても良いでしょう。ちなみに米酒はamazonnでも手に入ります。

“麻油鶏(マーヨージー)”本格レシピ。

>>鍋にゴマ油を多めに注ぎ、じっくりと生姜を炒めます。

生姜をごま油でじっくりと炒める

生姜はたっぷり使いましょう。

少し厚めの薄切りにして、多めのごま油でカリカリになるまでじっくりと炒めます。強火にしてしまうと焦げて苦味が出てしまうので、弱火~中火でじっくりと炒めましょう。

焦がさないように丁寧に生姜の香りを引き出しながら、カリカリになるまで炒めるのがポイントです。

ごま油も変に量を控えようとせず、しっかりと使いましょう。

>>生姜を炒めたら、鶏肉を加え色づくまで炒めます。

鶏肉を加えて焼き色がつくまで炒める

“麻油鶏”のスープ(出汁?)は、鶏肉からの旨味のみで作りますので、鶏肉は骨つきのものが手に入ると良いです。本場では塊の鶏のぶつ切りをゴロゴロと入れて作っているところが多いです。

とはいえ、骨なしの胸肉やもも肉などでも十分美味しい”麻油鶏”を作ることができます。骨なしの胸肉やもも肉を使う場合は、一口大に切って使うといいでしょう。

鶏肉には軽く塩を振っておくと良いです。しっかりと表面に焼き色がつくまでじっくりと炒めていきましょう。

>>米酒(ミーチュウ)をひたひたに注ぎ、じっくりと煮込みましょう。

米酒をひたひたに注ぐ。水は入れないのがポイント。

米酒のみで仕上げるのがポイントです。コクが断然変わってきます。お酒の香りは強くなりますが…。というより、薬膳という意味なら、月子餐の話の通り米酒のみで作るのが本来的です。

じっくりと煮込んでお肉が柔らかくなるまで弱火~中火にかけておきます。少なくとも30分は煮込むと良いと思います。スープに鶏肉の旨みを溶け出させる工程でもありますので、じっくりしっかり煮込んでいきましょう。

ちなみに米酒はアルコール度数が高いので、煮込みが短すぎるとアルコールが抜けきらず、食べたら酔っ払う可能性もありますので注意(笑)

それから、火にかけている間は気をつけておかないと、吹きこぼれの際に引火することがありますので留意しましょう。僕は実際に火がついた経験があります笑

>>十分に煮込んだら、最後にクコの実を加えて仕上げます。

仕上げにクコの実を加える

煮込みが進むとスープが徐々に濁ってきて、濃厚な味に仕上がっていきます。十分に煮込んだら味を見て、もし味が足りないようでしたら塩少々を加えて調味します。

最後にクコの実を加えて、さらに5分ほど煮たら完成です。

クコの実は鍋に加える前に、水か酒で戻しておくとふっくらと仕上がります。

スープを塩で調味しない場合は、小皿に塩を入れておいて鶏肉を食べる際に少量つけて食べるという手もあります。

>>>>”麻油鶏”の出来上がり!!

薬膳スープ”麻油鶏”の出来上がりです。

请吃吧!!

台湾で愛される味を是非ともご賞味あれ!

ちなみに現地では、そうめんを入れて煮込む”麻油鶏麺線(マーヨージーメンシェン)”という食べ方も一般的です。

投稿を作成しました 32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る