【本格ドイツ料理レシピ】ザワークラウトのスープ!酸味が美味しいドイツ家庭の定番!!

“Sauerkraut suppe(ザワークラウトズッペ)”とは?

“Sauerkraut(ザワークラウト)” は日本でもよく知られるドイツ食品の一つですね。ドイツ料理の付け合わせで出てきたりする酸っぱい千切りキャベツです。

その独特の酸味からたまに”キャベツの酢漬け”と紹介されていたりすることもあるようですが、これは完全なる間違いで”Sauerkraut(ザワークラウト)” というのは”塩漬けのキャベツ”です。酸味は乳酸発酵によるもので、お酢は一滴も入っていません。

“Sauerkraut(ザワークラウト)” は日本で言うところのお漬物。お漬物をスープに使うといえば少々驚かれる方もいらっしゃるでしょう。しかしながら、ドイツではむしろ煮込み料理に使われることが多い食材なのです。

Sauerkrautsuppe

さっぱりとした酸味が脂分との相性が良く、脂っこいお肉類も一緒に煮込めばしつこくなく食べられます。以前紹介した”Schlachtplatte(シュラハトプラッテ)“も”Sauerkraut(ザワークラウト)”を使った代表的な料理の一つです。

今回はこの”Sauerkraut(ザワークラウト)”を使った少し酸っぱいドイツ家庭料理の定番スープを紹介します。

是非お試しあれ。。

“Sauerkraut suppe(ザワークラウトズッペ)”の本格レシピ!!

*本レシピは公開から一定の期間が経過したので有料化しました。

投稿を作成しました 41

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。