【本格ドイツ料理】ドイツのシンプル・イズ・ザ・ベスト!!?洋梨を使った煮込み。”Bohnen, Birnen und Speck”

“Bohnen, Birnen und Speck”ってどんな意味?

“Bohnen, Birnen und Speck”って何?という方も多いでしょう。

“Bohnen, Birnen und Speck”はメクレンブルク=フォアポンメルン(Mecklenburg-Vorpommern)州の郷土料理です。

“Bohnen, Birnen und Speck”

そんなことより何より、まず気になるのは料理名。そもそも何で料理名に”,(カンマ)”が入ってるの??という感じですよね。なんとも不思議な名前の料理ですが、実はこれ以上ないほどシンプルな名称なのです。

もったいぶってもしょうがないので、ネタバレをすると”Bohnen”=”豆”、”Birnen”=”洋梨”、”Speck”=”ベーコン”という意味です。”und”は英語で言うところの”and”で、” , “は3つ以上の要素を並列にする場合、英語と同様ドイツ語も最後の”und”以外がカンマに置き換わるというわけです。

つまり”Bohnen, Birnen und Speck”というのは日本語に訳すと“豆、洋梨そしてベーコン”となります。

こんなにシンプルでストレートな料理名聞いたことありますか?僕はありませんね(笑)

もはや、料理名と言えるのかどうか。けっして生のままの食材がお皿に並べられているわけではありませんよ。

名前からでは具体的な料理のイメージが全くつかないでしょう。早速どんな料理なのか見ていきましょう。

“Bohnen, Birnen und Speck”は具体的にはどんな料理なの??

“Bohnen, Birnen und Speck”とは、豆と洋梨とベーコンとを使った煮込み料理。ここでいうBohnen(豆)は日本で言うところの三度豆を意味します。

洋梨を料理に使うというのは日本人からすると想像しにくいですが、洋梨の酸味とベーコンの旨みが見事にマッチする秋の味覚です。

使われる洋梨は日本でデザートとして食べられるような甘くてジューシーなものではなく、料理用の甘くない梨であるのが普通です。日本であれば、少し未熟な洋梨を使うと良いです。

ちなみに、なぜか料理名には入れてもらえていませんが、じゃがいももこの料理の食材としてよく使われます。じゃがいもは付け合わせ的な扱いになってるのかな。あるいは入っていて当たり前というくらいの感覚だろうか。

味付けもシンプルで、基本は洋梨の酸味とベーコンの塩気のみ。足りない分を塩、白胡椒で調味し、セイボリーで香りづけします。

実際に食べてみるまで味の想像がつかないでしょうが、シンプルさからは思いもよらない旨味にびっくりするはずです!!

“Bohnen, Birnen und Speck”本格レシピ

Bohnen, Birnen und Speck

洋梨、三度豆、ベーコンの煮込み。ドイツはメクレンブルク=フォアポンメルン(Mecklenburg-Vorpommern)州の郷土料理。
Prep Time 15 mins
Cook Time 30 mins
Course Main Course
Cuisine Germany
Servings 1 people

Ingredients
  

  • 1/2 洋梨
  • 10~ 三度豆
  • 150 g ベーコン
  • 1 じゃがいも
  • 適量 セイボリー
  • 適量

Instructions
 

下準備

  • ベーコンは味の要なので、なるべくしっかりしたものを選ぶ。できれば脂がたっぷり乗ったブロックのものが良い。5mm~厚、5cm幅ほどに切り分ける。
  • 三度豆は水洗いしてから両端を切り落とし、ベーコンと同程度の幅に切る。
  • 洋梨は甘すぎないものの方が良いので、少し未熟なものを使うと良い。洋梨は皮をむかずに1/8ほどの大きさに切り、芯とヘタは除く。
  • じゃがいもを加える場合は、他の食材の大きさに合わせて切っておく。

本調理

  • 鍋にベーコンを入れて、じっくりと火にかけて脂を溶け出させる。十分に脂が出てきたら中火にしてベーコンに焼き色がつくまで炒め、水をひたひたになるまで加えて10分ほど煮る。
  • 煮汁にベーコンの旨味が出てきたら、弱火にして三度豆を加える。水気がなくなってきていたら、適宜水を足す。(最終的には煮汁は煮詰めるので足しすぎないように注意する)
  • 三度豆を加えて5分ほど煮たら、洋梨を加えてさらに煮込む。洋梨は崩れやすいので、煮込みすぎには注意。
  • じゃがいもを加える場合は、洋梨と同時に加える。じゃがいもも煮崩れしやすいので、最後の段階で加える。
  • セイボリーなどのハーブを加え、食材を崩さないように全体に大きくかき混ぜて、煮汁を満遍なく絡ませる。落とし蓋の代わりにキッチンペーパを被せ、弱火でじっくりと煮汁を滞留させるように煮こむ。(こうすることで少量の水分でも煮込み可能)
  • 洋梨、じゃがいもに十分に火が通れば煮込みは完了。鍋から食材を取り出して皿に盛り付け、一方で残った煮汁を煮詰める。最後に煮詰めた煮汁を回しがけて完成。

>>その他の本格ドイツ家庭料理レシピはこちらから

投稿を作成しました 34

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recipe Rating




関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。