クレオール、ケイジャン料理の決め手!!” Creole seasoning(クレオールシーズニング)”!!

クレオール、ケイジャン料理の決め手!!” Creole seasoning(クレオールシーズニング)”!!



Creole Seasoningを調合してみよう!!

Creole Seasoning(クレオールシーズニング)はクレオール、ケイジャン料理に欠かせないスパイスです。料理に深みを出したり、香りをつけたりするのに一役買っている大切な調味料。。New Orleansでは、メジャーなおみやげの一つにもなっています。
おっと、”どうせ現地でしか手に入らないんだろ”と思ったあなた。大丈夫です。実はクレオールシーズニング、家庭でも簡単に調合できるのです!!

今回はCreole seasoningの一般的な材料及び個人的にオススメな配合率を紹介します。
ぜひアレンジを加えて自分好みの配合を確立させて見ましょう!!

基本の材料(スパイス)

” パプリカ ガーリックパウダー オニオンパウダー オレガノ バジル タイム カイエンペッパー ブラックペッパー ホワイトペッパー “

このほかにも、塩やパセリを入れたりする場合もありますが、その辺はお好みでどうぞ。

基本的にはCreole seasoningはパプリカを他の材料よりもの多めに入れる印象です。実はパプリカはオムライス(チキンライス)などにも使えて、コクや深みを出すのに適しているスパイスの一つです。

それから、カイエンペッパーで辛味を出すのもクレオール料理の特徴の一つです。


オススメの配合率(オリジナル)

パプリカ: 6 tbsp

ガーリックパウダー : 3 tbsp

オニオンパウダー : 3 tbsp

オレガノ : 2 tbsp

バジル : 2 tbsp

タイム : 3 tbsp

カイエンペッパー : 4 tbsp

ブラックペッパー : 2 tbsp

ホワイトペッパー : 2 tbsp

tbsp : table spoon

ちょっとピリッとしたクレオール、ケイジャン料理の決め手となるスパイスです。

ぜひ一度お試しあれ!!


人気ブログランキング

人気ブログランキング参加しています。
押してくれると嬉しい。。

1件のコメント

  1. Do you have any type of tips for writing write-ups?
    That’s where I always struggle as well as I simply wind up gazing vacant screen for very long
    time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です