【本格ドイツ料理】ドイツ版ローストポーク!!バイエルン風シュヴァイネブラーテン!

シュヴァイネブラーテン(Schweinebraten)とは??

Schweinebraten(シュバイネブラーデン)。

今回ご紹介するのは、日本人にとっての”ザ・ドイツ料理”という印象そのままの豪快な豚肉料理です。

シュバイネブラーデン(Schweinebraten)というのは、”Schweine”が”豚肉”、”Braten”が”ローストする”という意味です。つまり、ドイツのローストポークです。

Bayerischer Schweinebraten

本場ドイツでは、さらにカリッカリにローストされた豚皮がつくこともあって、このカリッカリの豚皮は非常に美味しいのです。

とはいえ、日本では皮付きのブロック肉なんてなかなか手に入らないので仕方ない。

Schweinebratenの付け合わせの定番はじゃがいも団子(カルトッフェルクヌーデルKartoffelknödel)です。

バイエルン風はビールを使う!!

シュバイネブラーテンはドイツ全土で一般的な料理なのですが、地域によって様々なバリエーションがあります。日本で一番有名なのはおそらくバイエルン風のシュバイネブラーテンです。

バイエルン風シュヴァイネブラーテンはビールを使います。基本的には黒ビールが使われることが多いですが、人によっては黒以外のビールを使うこともあるようです。(今回紹介するレシピでもRadebergerを使っています)

ちなみに、よく使われている香辛料としてキャラウェイとクミンが挙げられますが、ドイツの人々の間でもどちらを使うかでキャラウェイ派とクミン派とに大きく分かれているようです。

ちなみにドイツ語ではキャラウェイ=Kümmelで、クミン=Kreuzkümmelとなり、非常に似た言葉になっており混同されることもしばしば。この名前の類似性からか、わざわざ”クミンじゃなくてキャラウェイを使えっ”と明言しているドイツ人までいるほどです。

個人的にはキャラウェイの方が好きなので、今回はキャラウェイを使ったレシピを紹介します。

“バイエルン風シュヴァイネブラーテン”の本格レシピ!!

Print Recipe
Bayerischer Schweinebraten
豚のブロック肉をビールをかけつつ焼き上げたドイツ風ローストポーク。ビールの苦味と香りがクセになります。
コース Main Dish
料理 Germany
下準備 40 min
調理 120 min
所用時間 160 min
分量
people
材料
コース Main Dish
料理 Germany
下準備 40 min
調理 120 min
所用時間 160 min
分量
people
材料
作り方
下処理
  1. 豚肩ロースのブロックを用意し、キャラウェイ、パプリカ、塩、胡椒をまぶします。ビニール袋などに入れて揉み込むと、スパイス類を肉の全面に満遍なく擦り込めます。この状態で冷蔵庫で30分ほど寝かせておきます。
  2. 肉を寝かせている間に、野菜類を切っておきましょう。玉ねぎ、人参、セロリをざっくり薄切りにします。薄切りであれば、大きさは特に気にしなくて良いです。
本調理
  1. 十分に肉を寝かせたら、冷蔵庫から取り出します。キッチンペーパーで優しく包んで豚肉の表面の余分な水気を取りましょう。
  2. フライパンにラードを敷き、豚肉の表面を炒めます。全面に満遍なくしっかりと焼き目がつけば十分です。*完全に火を通す必要はありません。
  3. 肉に焼き目がついたら、オーブン用の耐熱皿に移します。この際、焼いている間に出た肉汁と脂は捨てずにフライパンに残したままにしておきます。
  4. 肉の周りに先ほどの野菜類を広げ、肉の表面を濯ぐようにしてビールを注ぎます。この時、ビールを注ぐ量は、だいたい底から1cmくらいを目安にすれば良いです。*全部注ぎ切らないようにしましょう。
  5. 比較的低温(170度くらい)に予熱したオーブンで1時間半ほど時間かけてじっくりと調理します。
  6. 定期的にオーブン内の様子を見て、ビールを注ぎ足しつつローストしていきます。ビールは必ず肉を濯ぐようにして注ぎます。
  7. 1時間半ローストしてしっかりと火を通したら、オーブンから取り出します(金串を刺してきちんと火が通っているか確認します)。耐熱皿に残っている野菜と汁気は全て先ほどの鍋に移します。
仕上げ
  1. ビールが残っていれば、残りを全て鍋に注いで中火~強火で煮込みます。オーブンでローストしているうちにも十分野菜のエキスが出ていますが、だめ押しです。
  2. 水気が半量になるくらいまで煮込めば、シノワやザルなどを使って野菜を取り除きます。
  3. 塩で調味して、最後に水溶き片栗粉を少量加えてとろみを出せばソースは完成になります。
  4. Schweinebratenと付け合わせKartoffelknödelを皿に盛り付け、ソースをかければ出来上がり。お肉はお好きな厚さに切って召し上がれ。
レシピのメモ

当然ながら使用するビールによって味わいが変わりますので、いろいろな種類のビールで試してお好みのものを探すのも楽しいものです。

ということで、本格”バイエルン風シュヴァイネブラーテン(Bayerischer Schweinebraten)”の本格レシピでした。

Guten Appetit!

その他の本格ドイツ料理レシピ

投稿を作成しました 27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。